I Do Graphics – ブランド化のコツ!企業ロゴ活用法

ブランド化のコツ!企業ロゴ活用法

▼ 目次

ブランド力のある企業ロゴを考える

企業のブランド知名度を広げていくためには、何か象徴となるようなものを作ると効果的です。
ブランドの象徴と言えば、企業ロゴです。
私たちの身の回りにあるアイテムは、どこかの企業が生産して世に出したもの。
そのそれぞれに、企業の名前やロゴが刻印されていて、世間にイメージを定着させるためには非常に重要なマークとなります。
では、そんな企業ロゴを考える時には、どういう流れで考えていけばいいのでしょうか?
また、制作はどのようなポイントに気を付ければいいのでしょうか?

市場リサーチを行い情報を集める

自社が提供するサービスや商品はどのような人向けのものなのかを、市場リサーチによって明確にしていることが肝心です。
こちらが狙っているターゲットと実際に売れるターゲットとのギャップが生じる場合がありますので、市場リサーチは、定期的に行わなければなりません。
なぜ会社のロゴデザイン制作を考える時に、市場リサーチをしなければならないのかということ、商品を購入する人は企業ブランドを見て物を選ぶからです。
どんなに質の良いものでも、ターゲットが違えばその商品は相手の心に刺さりません。
市場リサーチをすることで、自社の商品のターゲットを明確にし、その人たちが価値を感じるロゴデザインとは何なのかを考えることになります。

自社商品の強みを分析して見直す

自社の商品の強みを分析することで、ターゲット層をより細かく細分化することができます。
ターゲットを絞っていくことで、よりコアなファン層を明らかにしていくのです。
また自社の商品を今一度見直すことで、今まで気づかなかった強みが見つかるかもしれません。

競合他社の商品の強みと弱みを知る

自社の商品の強みを分析したら、今度は競合他社の商品やサービスの強みと弱みを分析する番です。
競合他社の商品がどのようなターゲット層に好まれていてどのような人たちの要望を叶えられていないのかを細かくリサーチすることです。
一見ロゴデザインには関係ないように思われるかもしれませんが、競合他社の世間でのイメージを知ることで、ロゴデザインを差別化し、独自のブランドを作ることができます。

デザインの下書きを何パターンか制作する

ロゴデザインの骨組みとも言える「テーマ」がリサーチによって確定したら、今度はいよいよ本格的にデザインを始めていく段階になります。
本格的なデザインを始める前に、下書きで何パターンか制作し、その中から一番良いものを選ぶ流れになります。
この段階ではまだ下書きなので、ざっくりした仕上がりのものを描くことになります。

デザイン完成までに何回も修正を重ねる

下書きの中で一番良いものを選んだら、今度は、デザインを本格的に仕上げていきます。
デザインは紙に描くケースもあれば、デザインソフトを使ってパソコンで描く場合もあります。
デザインが出来たら、デモ商品にそのロゴを挿入してどのように映るのかを、シミュレーションしていきます。
デザインが完成するまでは、何回か修正を重ねて練り上げることになるでしょう。

他の企業の類似ロゴに気を付ける

自社で使用するロゴが、他社のロゴと被ってはいないか十分調査する必要があります。
たまたま似ているだけでも、後から問題になってもいけませんので、しっかりと調べておかなければなりません。
ロゴが他社と似ていると、独自ブランドとしてのイメージも定着しにくくなってしまいます。
企業ロゴのデザインが、完全オリジナルであるかどうかは、今後のイメージも左右する非常に重要な問題なのです。

ロゴテンプレートは使わない

ロゴデザインは、テンプレートを使えば簡単に制作できます。
ですが、テンプレートで制作したロゴは、オリジナリティが少ないためおすすめできません。
イメージサンプルとしてテンプレートを使用するのは構いませんが、本採用とするデザインには向きません。
デザイナーに頼んで、オリジナルでしっかりと描きこまれたデザインを制作してもらうようにしましょう。

流行に追随しすぎない

ロゴデザインを考える上で非常に重要となるポイントの一つは、「流行を追い過ぎない」ということです。
流行に追随したデザインは、一時的には世間への認知度が高くなりますが、流行が終わるとあっという間に忘れられてしまいます。
商品独自に取付けるロゴであるのならそれでいいのですが、企業ブランドに取付けるロゴには向きません。
企業ブランドをあらわすロゴマークは、長期的に事業を継続していくことが前提なので、やはり定番を狙っていかなければならないからです。

制作会社のデザインサンプルを比較しよう!

企業ロゴのデザインを制作会社に依頼する時には、複数の会社からデザインサンプルをもらい比較してみることが肝心です。
過去実績に豊富な会社でであれば、安心してデザインを任せることができます。
あと、複数の会社に相談することで、見積りを比較することが可能です。
デザインに見合った料金を提示してくれる業者を、選ぶようにしましょう。