ブランドロゴデザイナーを雇う利点

HOME » ロゴデザインのメリット » ブランドロゴデザイナーを雇う利点

ブランドロゴデザイナーを雇う利点

・ブランドロゴのデザイナーは雇うべき?
ブランドロゴはデザイナーを雇わなくても、アプリを使えば簡単に制作することができます。
ですが、アプリを使って簡単に作れるブランドロゴには、問題点があります。
その問題点とは一体なんなのでしょうか?
また、ロゴデザイナーを雇う場合の利点についてお話ししたいと思います。

・ロゴテンプレートの類似性
アプリを使う場合は、ロゴテンプレートを利用することになるかと思いますが、テンプレートで作ったロゴデザインは、他のユーザ―も使うため、類似性の高いものが世の中に出回っている可能性があります。
そのため、企業ロゴのようにオリジナリティが求められるようなロゴデザインには、あまり使えないという問題点があります。
バリエーションによって独自性を少しは出すことができますが、やはり一から描いたデザインのオリジナリティの高さには及びません。

・独自性の低さ
先ほども説明しましたが、アプリで簡単に制作できるロゴデザインは、独自性(オリジナリティ)が低いものになります。
そのため、事業の将来を左右する商品やサービスに使うロゴマークや、企業ブランドロゴには、あまり使用しない方がいいです。
独自性のないデザインは、訴求力や集客力が劣ります。
その点を考慮した上で、アプリを使用しなければなりません。
ただし、ロゴのイメージサンプルを作成する目的でアプリを使うのであれば、問題ないかと思われます。

・ロゴデザイナーを雇うメリット
自分でロゴデザインを制作するよりも、プロに任せた方が断然良いものが仕上がります。
ロゴデザイナーを雇うメリットは、芯のあるデザインを作ってもらえるということにあります。
ロゴマークというのは、非常にコンパクトなデザインですが、その中には企業の方向性が含まれています。
そこを上手に表現できるのがプロのデザイナーなので、お金がかかっても企業ロゴはプロに任せた方がいいでしょう。

・プロにロゴデザイン制作を依頼する時の注意点
ロゴデザイナーと一言で言っても、そのスキルは人それぞれです。
ロゴデザインによるブランディングを成功させるためには、ある程度の品質を担保してくれるデザイナーを見つけなければなりません。
そのため、プロにロゴデザイン依頼する時には、 複数の業者やデザイナーのサンプルを比較して決めるのが一番無難かと思われます。
そうすることで料金を比較することができますので、お得な値段を提示してくる業者を選ぶことができます。

ロゴデザインのメリット | 11月25日更新