ブランドロゴ成功のポイント

HOME » ロゴデザインのメリット » ブランドロゴ成功のポイント

ブランドロゴ成功のポイント

・ブランドロゴで成功するポイント
企業ブランドロゴは、企業の存在を世間に拡散させるための有効なツールです。
ブランドロゴが入った商品を購入するお客さんは、その商品を手に取るたびにそのロゴを目にすることになります。
これがいわゆるブランド化の一歩となるわけです。
ここでは、そんなブランドロゴを使ったブランディング成功のポイントについて、詳しく解説したいと思います。

・企業イメージを定着させるデザインロゴ
一見なんの変哲もないロゴマークも、実は私たちの記憶にブランドイメージを定着させるツールとして機能しています。
大企業のロゴほど、みなさんの頭の中にそのフォルムが残っていますが、これはなぜなのでしょうか?
それは長い年月を企業活動を続けていくことで、企業のロゴが定番化してくるということがひとつと、大企業ならではの大きな予算を投じて、宣伝を行い幅広く企業ロゴを拡散しているということが挙げられます。

・商品ロゴと企業ロゴの違い
販売されている商品やサービス専用に使うロゴと企業ロゴでは、その目的がまず違います。
商品ロゴは、拡散力を狙ったロゴデザインが採用されることが多いです。
つまりは、インパクト重視ということになります。
一方企業ロゴは、定番化を狙ったロゴデザインになります。
これには、オリジナリティかつナチュラルなデザインが重視されることが多いです。

・競合他社商品の分析を徹底する
競合他社の商品ターゲット層を分析することは、とても重要です。
なぜ重要なのかというと、その分析データはロゴデザインを考える時に活かせるからです。
競合他社の商品のどの部分が、ターゲット層に好まれているのかが分かれば、ブランディングに効果的なロゴデザイン案の材料になります。

・共感や好感が持たれるデザインになっているかどうか
企業のロゴデザインが世間のイメージに定着するには、そのデザインが共感や好感の持てるものになっているのかが重要なポイントの一つです。
共感や好感の持てるデザインというのは、ロゴデザインのビジュアルが顧客の求めているものになってるかどうか?
もしくは、シンプルで覚えやすいデザインになっているかどうかが重要です。
奇抜なものより、シンプルで親しみやすいデザインがユーザーの心に刺さりやすい傾向があります。
このように、ロゴデザインを考える時には消費者目線に立って、デザインを考案しなければなりません。
消費者の姿がないデザイン案には、テーマそのものが存在しませんのでそういったデザインにならないよう十分に検討した上で、デザインを決めていきましょう。

ロゴデザインのメリット | 11月25日更新