企業ロゴ制作のポイント

HOME » ロゴデザインのメリット » 企業ロゴ制作のポイント

企業ロゴ制作のポイント

・企業ロゴで成功するポイント
売れる企業ロゴを制作するポイントとは、一体なんなのでしょうか?
企業ロゴは、会社の看板ともいえるトレードマークになります。
定番化することに成功すれば、これ以上の宣伝効果のある手法は他にないでしょう。
ここでは、そんな優れた企業ロゴを制作するポイントについて説明していきます。

・定番になるロゴデザインとは?
一般ユーザーの記憶に残りやすいロゴデザインは、流行を追いかけたものではなく普遍性の高いシンプルなデザインである場合が多いです。
大手企業のロゴマークを見ても分かるように、意外にシンプルな見た目で、奇抜なものを採用している企業はあまり見当たりません。
流行を追いかけたものよりも、シンプルでシャープなデザインは、人の記憶に残りやすいのかもしれません。

・商品やサービスに挿入可能か?
ロゴデザインを考える時には様々なパッケージの商品やサービス、メディアに使えるかどうかを考えて採用する必要があります。
この時注意したいのは、できるだけシンプルでスマートなデザインにするということです。
あまり奇抜なものにしてしまうと、サービスのイメージに合わなくなってしまいます。
将来的な事業の多角化を考えて、どんな商品やサービスにも溶け込みやすいデザインを選ぶことが重要でしょう。

・普遍性のあるデザインになっているか?
一生使えるデザインかどうかを十分に検討した上で、採用するロゴデザインを選ばなければなりません。
企業のロゴマークは一度世に出てしまうと、ある程度の数のユーザーに認知されますので、コロコロとロゴデザインを変えてしまうと、ユーザーの記憶に定着するのが難しくなります。
大事なのは流行に追随したデザインではなく独自性の高いデザインを選ぶということです。
独自性の高いデザインを選んでおけば、事業を継続していく内に、そのロゴデザインが次第に世間のイメージに定着していくでしょう。

・シンプルで再現性のあるデザインになっているか?
例えば、複雑な幾何学模様のようなデザインを仮に採用してしまうと、拡大した時や縮小した時に、デザインが潰れてしまう恐れがありますので注意が必要です。
あまり複雑なデザインは消費者の記憶にも定着しにくい傾向もあります。
ですので選ぶデザインは、様々なメディアに挿入できるような、シンプルで再現性のあるもの(簡単にいろんな商品に挿入できるという意味)を選んだ方がいいです。
シンプルイズベストという言葉がありますが、ロゴデザインもまさにそれが言えます。

ロゴデザインのメリット | 11月25日更新