優れたブランドロゴの定義とは?

HOME » ロゴデザインのメリット » 優れたブランドロゴの定義とは?

優れたブランドロゴの定義とは?

・ブランドロゴの定義について
私たちが普段使っている「物」には、それを製造した企業のロゴマークが入っているかと思います。
このロゴには一体どのような効果があるのでしょうか?
優れたブランドロゴには、企業の存在を幅広く拡散する効果があります。
今後、自社の事業をメインブランドとして立ち上げることを考えている場合は、優れたロゴデザインを考えていかなければなりません。
どのようなロゴデザインが優れているのでしょうか?
ここでは、優れたブランドロゴの定義について、お話したいと思います。

・多様性のあるブランドロゴ
ロゴマークを考える時には、後々の使い道についてもイメージしなければなりません。
ロゴマークのデザインによっては、拡大縮小をすることでデザインが潰れて挿入できなくなるケースも考えられます。
選ぶロゴマークは、いろんな媒体に掲載できるものを選んだほうが、後々使い勝手がいいでしょう。

・シンプルで記憶に残り易いロゴ
ロゴマークは人の記憶に残らなければ、使う意味がありません。
そのためできるだけシンプルなデザインのものを選んだ方がいいでしょう。
シンプルで覚えやすいロゴは、定番化しやすいという傾向があります。
あまり複雑なデザインにせず、スムーズに記憶に定着にするようなデザインを選ぶ必要があるでしょう。

・ポジティブなデザインのロゴ
インパクト重視の商品ロゴを開発する場合は、多少の「毒」をデザインに盛り込むのもアリでしょう。
しかし、将来的にもずっと使い続ける企業ロゴを考える時には、ポジティブなデザインのロゴを選ばなければなりません。
なぜならば、ポジティブなデザインの方が心理的ハードルが低く、すんなりと受け入れられるからです。

・親しみのあるデザインロゴ
企業のブランドロゴに採用するデザインはどこか一般受けしやすく、共感を呼ぶものでなければなりません。
一般受けしやすいロゴデザインというのは、親しみのあるデザインのロゴマークです。
IT系や製造系では、シャープで洗練されたデザインのロゴはよく採用されていますが、そのジャンルでなければ柔らかいイメージのロゴマークを、ピックアップしてみるのも一つの方法です。
ただし、商品のコンセプトとロゴデザインの雰囲気がずれないように気をつけなければなりません。
そこがズレてしまうと、消費者の心に刺さらないロゴマークになってしまいますので注意が必要です。
まずは、商品のコンセプトとロゴデザインのテーマを統一するように調整しましょう。

ロゴデザインのメリット | 11月25日更新